ジョーダンウィルダーネスツアーズ旅行代理店はヨルダンで最も知られている世界七不思議の一つのペトラ遺跡の側にあります。
今までに何人もの世界中のお客様をお迎えし、楽しいホリデーのお手伝いをしてきたヨルダン国内でトップの旅行会社です。
当店のスタッフは、世界中の色々な国籍の観光客と年間働いてきたペトラ生まれのローカルのベドウィン。元のルートとテーマを大切にした、普通とはちょっと違うお客様の心に残るヨルダンを発見するためのサービスを提供します。トレッキングやキャンピング、自然発見またはローカルファミリーと接するためのホームステイ、ラクダ砂漠体験ツアーなど、色々な目的別のバライティーに富んだツアーを行うことを目的に日々努力しております。
ヨルダン文化の中でで忘れられない瞬間を提供することを目指しています。皆さまの最高のホリデーのお手伝い役になりたいと思っております。。
 
当社では主に次の様なサービスが含まれています: 
  
- ホテルやレストランの予約、ガイド、運転手、レンタカー、現地の日本人通訳やアシスタントの手配
- エアコン付の車、ミニバス、バスなどの予約  
- ワディラム砂漠でのラクダかジープでアドベンチャーツアー
- ハイキング、キャンピング
- 死海浮遊体験、紅海でのスクーバダイビング、またはビーチとスパでのリラックス旅行
- グループや個人のための旅程の作成  



ジョーダンウィルダーネスツアーズでは日本語を話せるスタッフが、お客様のためのヨルダンでのご滞在のお手伝いをさせて頂くために日々努力しております。
何でもご質問がありましたらお気軽に日本語でご連絡をください。
info@jordanwildernesstours.com
 
どうぞよろしくお願いします。 

 

ヨルダン4日間 



1日目:
ヨルダンの首都アンマンにあるクイーンアリア空港に到着。税関を出たところで運転手と合流。専用タクシーにてペトラのホテルへ。ホテル到着、チェックイン。                

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

2日目:
ホテルにて朝食後、徒歩にて古代ナバタイ王国の世界遺産ペトラの観光。
狭い岩壁の間を通り抜けると、バラ色に輝く壮大なエル・ハズネ(宝物殿)待ち構えています。
遺跡の中のレストランにて昼食。午後はライオンの墓やエド・ディル修道院等の遺跡探訪をお楽しみください。ペトラ遺跡を後にし、ホテルへ。

ペトラ:
かつて、貿易が盛んでアラビア古代王朝であった強力なNabateanの首都であったペトラは、1812年にヨーロッパの探検家に発見されるまで完全に忘れ去られていました。映画「インディアナ・ジョーンズ 最期の聖戦」で有名になったペトラは、もはや秘密のベドラインの隠れ家ではなくなったのです。毎日、最大三千人の旅行者が、世界八番目の不思議の地と言われるところがどんなものかを見に来ます。ペトラ全部を見ようとしたら少なくとも一日以上はかかります。カメラのフィルムも充分に持って行ってください。狭く曲がりくねった岩の割れ目を入った瞬間から、違う時空に移動した錯覚を受けることでしょう。最も有名なのはKhazneh (Treasury) です。他にも8000席もある円形劇場や列柱通り、テメノスの凱旋門、Great Templeや Qasr al Bint, Temple of Winged Lionsなどがあります。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――

3日目:
ホテルにて朝食後、専用タクシーにて、ワディラムへ移動。 
砂漠に着いたらジープに乗り換えて3時間の砂漠観光をします。その後、レストハウスで昼食。専用タクシーにて、デッドシーハイウェイを北上し死海へ。
死海のHoliday Innに到着。ホテルのプライベートビーチで自由行動。塩分の高い死海の水中で浮遊体験をしてお楽しみください。


ワディラム:
ワディ・ラムとは、月の谷を意味する。その名のとおり、ヨルダン南部の砂漠地帯の中、荒々しいいくつもの岩山が赤い土と流砂の中からそびえています。ここは、第1次世界大戦当時、アラビアのロレンスこと、イギリス人将校T.E.ロレンスがベドウィンを率いてトルコ軍と戦った戦闘の舞台であります。ここでは有史以前の先住民によって描かれた沢山の岩絵を見ることができます。限りなく続く茫漠たる空間の静寂を楽しみながら、峡谷や池の点在する一帯を歩き、4000 年前の岩の壁画や、広大な荒野に秘められたその他たくさんの宝とも言うべき光景を目にすることができます。Khazali, ロレンスの泉、碑文, 砂丘、自然の岩の橋などが見れます。


死海:
世界でも人気がある観光スポットである死海は、歴史的に古いだけではなく、海面下392メートルと地球でも最も低い土地にあります。塩分濃度が高いため海面に体が浮きます。自然な泥のパックなどの購入可能です。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

4日目:

アンマン空港へ出発。帰国の途へ。
 

================================================================


1日目:
ヨルダンの首都アンマンにあるクイーンアリア空港に到着。税関を出たところで運転手と合流。
専用タクシーにてアンマン市内のホテルへ。ホテル到着後、チェックイン。                

アンマン:
ヨルダンの首都アンマンは、この国の観光拠点であります。アンマンは少なくとも5000年の歴史がありシタデルやフォーラムなどのローマ遺跡が点在しています。
街の東側には再建したローマ劇場やフィラデルフィアの印象的な残骸が残っています。何世紀もの間ローマ守衛隊が使用していたシタデルはとても興味深いです。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――

2日目:
ホテルにて朝食後、8時頃アンマン市内観光へ出発。
アンマン城から市内の眺めをご覧いただいた後、考古学美術館等へご案内します。
見学後、専用タクシーにてシリアとの国境に程近いジェラシュへ。

到着後、街の守護神に捧げられた「アルテミス神殿」や美しいイオニ ア式の列柱が立ち並ぶ「フォーラム」、ハドリアヌスの凱旋門等が見事なジェラシュの遺跡群を見学。レストランで昼食。その後キングスハイウェイを南下しペトラのホテルへ。 


シタデルの丘:
ローマ劇場からの急な丘を登ると、古代アンマンのアクロポリスや要塞があります。丘の頂上からはアンマンの街全体が見渡せる素晴らしい景色が待っておりここまで登ってくる価値があります。
死海の模型図やイスラム初期の遺跡、そしてヨルダン全土から発見された遺跡を展示する考古学博物館があります。

ローマ劇場:
アンマン中心地近くに建つこの古代劇場は、2世紀にローマ人によって建設されました。街で最も有名で簡単にアクセスできる歴史深い観光地です。1950年代の再建によって、特別イベントやパフォーマンスにも対応できるよう6000人を収容できる規模になりました。

ジェラシュ:
保存状態の良いこのローマ遺跡の街は、ローマと中東の文化がみごとに調和しています。街の入り口にはTriumphal Archがあり、印象的なフォーラム、Temple of Zeus、南部劇場、アルテシス神殿まで続くコロネード通りがあります。街のHippodromeは最近再建され、ローマ時代にタイムスリップしたような雰囲気の中、毎日戦車レースが行なわれています。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――

3日目:
ホテルにて朝食後、8時頃ホテルを出発。徒歩にて古代ナバタイ王国の世界遺産ペトラの観光。
狭い岩壁の間を通り抜けると、バラ色に輝く壮大なエル・ハズネ(宝物殿)待ち構えています。遺跡の中のレストランにて昼食。午後はライオンの墓やエド・ディル修道院等の遺跡探訪をお楽しみください。ペトラ遺跡を後にし、ホテルへ。

ペトラ:
かつて、貿易が盛んでアラビア古代王朝であった強力なNabateanの首都であったペトラは、1812年にヨーロッパの探検家に発見されるまで完全に忘れ去られていました。映画「インディアナ・ジョーンズ 最期の聖戦」で有名になったペトラは、もはや秘密のベドラインの隠れ家ではなくなったのです。毎日、最大三千人の旅行者が、世界八番目の不思議の地と言われるところがどんなものかを見に来ます。ペトラ全部を見ようとしたら少なくとも一日以上はかかります。カメラのフィルムも充分に持って行ってください。狭く曲がりくねった岩の割れ目を入った瞬間から、違う時空に移動した錯覚を受けることでしょう。最も有名なのはKhazneh (Treasury) です。他にも8000席もある円形劇場や列柱通り、テメノスの凱旋門、Great Templeや Qasr al Bint, Temple of Winged Lionsなどがあります。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

4日目:
ホテルにて朝食後、8時頃ホテルを出発。
専用タクシーにてデッドシーハイウェイを北上し死海へ。
死海のHoliday Innに到着。ホテルのプライベートビーチで2-3時間ほど自由行動。塩分の高い死海の水中で浮遊体験をしてお楽しみください。ホテルのレストランにて昼食。
その後、専用タクシーにてモザイクの町マダバと、ネボ山観光へ。マダバの聖ジョージ教会では、6世紀のモザイクのパレスチナ古地図をご覧頂きます。そしてモーゼ終焉の地として知られるネボ山へ。アンマンののホテルに帰着後、自由時間。
死海:
世界でも人気がある観光スポットである死海は、歴史的に古いだけではなく、海面下392メートルと地球でも最も低い土地にあります。塩分濃度が高いため海面に体が浮きます。自然な泥のパックなどの購入可能です。


マダバ:
ビザンチン時代とウマイヤ朝の見事なモザイクで知られるマダバには、6 世紀に作られた有名なエルサレムと聖地パレスチナのモザイク地図があります。 200 万個もの色付きの石を使用して作られたこのモザイクは、遠くナイルデルタに至るまでの丘や谷、村や町が描かれています。マダバのモザイク地図は、市の中心部の北西にあるギリシャ正教の聖ジョージ教会の床を覆っています。 教会は 1896 年にはるか昔 6 世紀のビザンチン教会跡に建てられました。 地図が描かれたモザイク図は、元はおよそ 15.6 × 6 m (94 平方メートル)の大きさがありましたが、現存しているのはそのうち四分の一ほどです。



ネボ山:
ヨルダンで最も重要な聖地のひとつであり、モーセが埋葬された場所として知られるネボ山があります。 初期キリスト教徒によって建てられた小さなビザンチン教会は、その後大規模な複合建築に拡張されます。 故法王ヨハネ・パウロ 2 世は、2001 年のヨルダン訪問の際、この地で説教を行い、20,000 万人の敬虔な信徒が参加しました。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

5日目:
アンマン空港から帰国の途へ。